泉佐野市、貝塚市の久内整骨院グルーブ

交通事故によるむち打ち、五十肩、肩腱板損傷、腰痛、スポーツ障害、痛み・しびれでお困りの方。大阪府泉佐野市の久内整骨院 にご相談ください。

あなたの痛み・悩みは

思春期特発性側弯症(AIS)とは

背骨が左右に曲がった状態で、背骨自体のねじれ(多いのは右背中が突き出る)を伴います。通常、小児期にみられる背骨の変形を指します。
左右の肩の高さの違い、腰の高さの非対称、胸郭(きょうかく)の変形、肋骨や腰部の隆起(前かがみをした姿勢で後ろから背中をみた場合)、などの変形を生じます。側弯が進行すると、腰背部痛や心肺機能の低下をきたすことがあります。
一般に思春期に多く発症することから思春期特発性側弯症(AIS)と呼ばれます。

原因と病態

日本での発生頻度は1~2%程度で、女子に多くみられます。原因不明の側弯を特発性側弯症といい、全側弯症の60~70%を占めます。そのほか、脊柱の先天的な異常による側弯を先天性側弯症、神経や筋の異常による側弯を症候性側弯症といいます。

モアレ画像検査
モアレ画像検査
モアレ画像検査
側弯説明

思春期特発性側弯症(AIS)の治療

現在側弯症の治療は手術をしない保存療法と手術をする観血療法があります。

保存療法

運動療法と装具療法があります。

運動療法

比較的軽度の側弯症 コブ角10°~40°(概ね)に適応
生活の中で自分の筋力、使い方などを工夫して行う体に負担の少ない治療法

装具療法

1.最初の成熟兆候が表れた時点で20°を超える場合
2.20°以上のカーブが初経や声変わり後に5°以上悪化する場合側弯は進行性であると診断され進行予防目的の場合
3.30°以上ならば1年間のフルタイム装具治療

モアレ画像検査
ゲンシンゲン装具

観血療法

手術療法

カーブが大きく呼吸障害や背部痛・腰痛が見込まれる場合

 

当院が行うのは画期的な治療法最新のシュロス法

現在、日本の保存療法において最も信頼度が高い治療法はシュロス法だと私共は考えています。
シュロス法では40°を超える手術適応と言われる側弯でも成果を上げています。
以下にシュロス法についてご説明いたします。従来から行われてきたシュロス法の有効性をさらに高めた運動療法です。
側弯症のリハビリテーションにかかる日数を大幅に短縮できることが前向き対照試験から示されています。

効果を確認したい方は以下のサイトをご覧ください。

株式会社Schroth Best Practice Japan (シュロスベストプラクティスジャパン)

シュロス法とは

ドイツのシュロス一家が親子3代(カタリーナシュロス:自身が70°以上のAISの持ち主でクリスタの母)→(クリスタレーナルトシュロス:理学療法士でワイスの母)→(ハンス・ルドルフ・ワイス博士:医師)100年にわたって研究を続け、膨大な臨床データと高いエビデンスにより開発された治療法です。
さらにワイス博士は2006年にシュロス法に新たな考えを追加し、最新のシュロス法が誕生。
それがシュロベストプラクティスプログラム(運動療法)です。
また、ワイス博士は画期的なゲンシンゲンブレース(装具療法)も考案されました。

シュロベストプラクティスプログラムは5つだけの効果的なリハビリテーションです。
60分の集中的なマンツーマン指導で姿勢保持、呼吸、筋力を使い高い効果を生み出します。

  • 1.マッスルシリンダー
  • 2.50エクササイズ
  • 3.ドアハンドルエクササイズ
  • 4.フロッグ アット ザ ポンド(frog at the pond)
  • 5.レイジング ザ ぺルビス (raising the pelvis)

シュロス法はいつでもどこでも出来る事、日常に存在することが理想ですが時にはこんな器具も使います。是非パワーシュロスでご使用ください。

このシュロス法はしっかりとした指導者の下でカーブに沿った方法で実施されなければ悪化することもあります。

シュロベストプラクティスジャパンの公認セラピストの下で正しいシュロス法を受けてください。

シュロベストプラクティスジャパン アカデミー

日本の側弯症の患者さんに世界の最先端の保存療法(手術をしない治療法)をご紹介します。 1つは側弯症に特化した運動療法、シュロス法の最新プログラム Schroth Best Practice®、もう1つは世界で最も効果のあるシュロス式の装具Gensingen Brace by Dr.Weiss®です。この装具が、CAD/CAMにより、ドイツに行かなくても日本からオーダーできるようになりました。小さくて軽く、着け心地の良いこの装具をご覧になれば、きっとその違いに驚かれることでしょう。

株式会社シュロスベストプラクティスジャパン

(代表取締役 石原知以子氏 取締役 白石洋介氏)

当院院長がAISに取り組み始めたきっかけ

娘がけがの治療でお世話になっていた麹町白石接骨院のサイトをふと見て驚きました。今までは相談があっても自分には何もできないと考えていたAISの方に柔道整復師が力になれることがあることに気づきました。AISを調べると多くのAIS患者がその将来に不安や苦しみを抱えていることがわかりました。そしてシュロス法の必要性も同時に感じました。早速、シュロス法を教わるべく研修の予約をしました。
東京まで足を運び石原先生、白石先生の思春期特発性側弯症(AIS)に対しての思いを直接お聞きし、そして大いに共感し、少しでもAISにかかわる方々の手助けになればと思いシュロス法を学ぶことを決意いたしました。

麹町白石接骨院で行われるシュロスベストプラクティスジャパンの実施するアカデミーで合計5日間の研修を受講し修了証をいただきました。

株式会社Schroth Best Practice Japanは日本にいち早くDr.weiss公認のシュロス法を持ち込んだ会社です。

当院は大阪府泉佐野市、貝塚市、泉南市、岸和田市、和歌山近郊で本格的シュロス法を行うシュロベストプラクティスジャパン公認院です。

シュロス法治療

初回 2回目以降
学生(学生証ご提示ください) 5,000円 4,000円
一般 5,800円 4,800円

※当日は必ずレントゲン画像をお持ちください
※価格はすべて税込み

完全予約制

予約電話:072-465-8222

院長直通:09033500658

メール:kyunai@khaki.plala.or.jp

  • 久内整骨院

    お問い合わせ電話番号:072-465-8222

    【受付時間】月・火・木・金:午前8時~11時半/午後4時~7時半
    水・土:午前8時~12時/午後休診 日祝:休診日

c2013 KYUNAI BONESETTING CLINIC