泉佐野市、貝塚市の久内整骨院グルーブ

交通事故によるむち打ち、五十肩、肩腱板損傷、腰痛、スポーツ障害、痛み・しびれでお困りの方。大阪府泉佐野市の久内整骨院にご相談ください。

施術の流れ、久内整骨院について

超音波画像観察装置(エコー)の導入

超音波画像観察装置画像

超音波画像観察装置(以下エコー)はほとんどの病院で見かけることのできる、一般的な検査装置になりました。
エコーはその利便性から整骨院でも普及しつつありますが、エコーで得た画像から情報を正しく把握するには専門的な知識と経験を要しますので、まだまだ普及率は高いとはいえない状況です。

久内整骨院では超音波画像観察装置(エコー)(HS-2100本多電子工業社製)を用いて損傷部位を明確化し、より的確な診断に心がけています。
整骨院では法律の規制がありレントゲン検査は出来ません。したがって我々柔道整復師は画像による診療が出来ません。
唯一、厚生労働省が使用を禁止していないのが超音波画像観察装置(エコー)です。
当院ではこの機械の導入で、腱板断裂や、関節水腫は99%診断可能になりました。また、骨折にいたっては剥離骨折を除き100%鑑別できるようになりました。
柔道整復師の鑑別技術は格段に進歩しています。

また久内整骨院院長は、JSBM(日本超音波骨軟組織学会)の会員で、定期的に開催される学会に参加し常に最新の知識、情報の基にエコーを活用しています。
皆さまに安心してエコー検査を受けていただくことを心がけております。

エコー鑑別画像エコー鑑別画像

エコー利用によって

  • レントゲンには写らない軟部組織(関節、筋・腱・靭帯)が観察に優れており、骨や関節の状態も確認可能
  • 超音波による撮影でX線を使わないので、人体に悪影響なく安全使用できる
  • 生体組織に影響を及ぼさないので妊婦の方、高血圧の方への使用が可能
  • リアルタイムで観察可能

といった利点が挙げられます。
エコーによって確認できた症例の紹介です。
※JSBMは安全な超音波技術を用いた観察法・診察法を確立するために研究、情報交換を行う学会です。

症例 (第1趾基節骨骨折)

エコー画像

上画像の向かって左側、黄丸内がエコーによって確認させた損傷箇所になります。右側は比較のため、損傷のない同箇所を画像化したものです。

エコーは骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷等の外傷や、スポーツ障害などの痛みに対する検査として適しており、特にレントゲンでは観察できない筋・腱損傷(肉離れ・腱断裂等)に対しては、高い精度でその状態を視覚化することが可能です。
もちろん、エコーだけに頼るのではなく骨折の疑いなど状態によって協力医療機関にレントゲン、MRI撮影を依頼します。
エコーの利用によって、傷病の把握、根拠のある施術方針の提示が行えます。
当院では患者さまが納得できる施術が、早期回復への近道だと考えております。

  • 久内整骨院

    お問い合わせ電話番号:072-465-8222

    【受付時間】月・火・木・金:午前8時~11時半/午後4時~7時半
    水・土:午前8時~12時/午後休診 日祝:休診日

c2013 KYUNAI BONESETTING CLINIC