泉佐野市、貝塚市の久内整骨院グルーブ

交通事故によるむち打ち、五十肩、肩腱板損傷、腰痛、スポーツ障害、痛み・しびれでお困りの方。大阪府泉佐野市の久内整骨院にご相談ください。

  • トップページ
  • 当院の施術について:柔道整復術(接骨)・鍼灸治療、巻き爪治療

施術の流れ、久内整骨院について

当院の施術について 柔道整復術(接骨)・鍼灸治療、巻き爪治療

久内整骨院で受けていただける療法には「柔道整復術(接骨)」と「鍼灸治療」があります。
症状、損傷に合わせて適した療法を提案、施術させていただきます。
それぞれの療法の特徴をご紹介いたします。
※鍼灸治療は久内整骨院のみ行っております。

柔道整復術(接骨)

柔道整復術画像

厚生労働大臣免許の「柔道整復師」が行う治療です。
その歴史は古く柔道家が稽古中に行った手当てが起源となっています。
外部からの衝撃により損傷した骨や関節、筋肉、腱、靭帯などを薬、手術などを行わず整復や固定を行い、人間の持つ治癒能力を最大限に引き出し回復を促す施術です。

鍼灸治療

鍼灸治療画像

針を刺すことによって血行を良くし、自然治癒力や自己免疫力といった身体がもともと備えている能力を引き出すのが針の効果です。
使用する針は髪の毛ほどの細さですので、ほとんどの人は痛みを感じることはないかと思います。
施術後、一時的にさまざまな症状が出てくる方がいらっしゃいます。
これは漢方で瞑眩(めんげん)と言われ、いずれは治まり良い結果を期待できる現象とされています。
当院では個別に滅菌処理されたものや、使い捨ての鍼器具を使用していますので、衛生面でも安心してご利用いただけます。



巻き爪(陥入爪)治療

巻き爪の痛みでお困りの方タイトル画像

巻き爪の痛みでお困りの方

テーピングによる「痛みの解消」と、専用器具による「原因の解消」で、 患者様の早期回復を促します。

巻き爪(陥入爪)による痛みの原因

爪が横方向へ巻いた状態になり、周囲の皮膚に食い込み痛みが起こります。
深爪や合わない靴を履き続けることでほとんどが足の親指に生じます。

施術前、施術後の経過

脚の内側肉厚部に引っ張りテープを貼ることににより、初回施術で痛みがなくなりました。
※効果には個人差がありますのでご留意ください。

巻き爪治療 施術前画像

施術前

親指の爪がかなり皮膚を巻き込んでいる状態です。歩行時の痛みが生じていました。

巻き爪治療 施術後(7日経過)画像

施術後(7日経過)

巻いた爪の皮膚への食い込みが軽減されてきました。

巻き爪治療 施術後(13日経過)画像

施術後(13日経過)

施術の継続で、痛みもなく、巻いた爪も平らな状態に戻りつつあります。

施術内容

変形した爪の矯正

専用器具を使用して、巻いた爪から平らな爪に矯正します。
バネの力を利用した器具で、装着時の痛みや、穴を開けるなど爪への負担もなくコツを掴めばご自宅での装着、調整が可能です。

テーピングによる爪周辺のダブル補正

柔道整復師による適切なテーピングによって皮膚と爪を離して痛みを解消します。
テーピングの継続によって巻き爪の再発を予防します。

専用器具とテーピングによる施術例画像

専用器具とテーピングによる施術例

料金

1回(初回施術から3か月間):8,000円

専用器具代、テープ代、テープ張り替え施術料含む。

※専用器具破損等による器具の再購入は患者様側での原因による器具の購入には別途費用が発生します。
ただし、初回から3カ月以内での装着料はかかりません。また、自然破損は当院にて負担致しますのでご安心ください。

  • 久内整骨院

    お問い合わせ電話番号:072-465-8222

    【受付時間】月・火・木・金:午前8時~11時半/午後4時~7時半
    水・土:午前8時~12時/午後休診 日祝:休診日

c2013 KYUNAI BONESETTING CLINIC